サービス

マイクロフィルム撮影

概要

マイクロ撮影図書、古文書、新聞、図面等様々な資料を撮影し、マイクロフィルム化することが可能です。専用のカメラを使用してマイクロフィルムに撮影し、フィルム現像を行うことでマイクロフィルムを作成できます。拡大鏡があれば目視で内容が確認でき、期待寿命が500年と長期保存に適したメディアであることが特徴です。現在はデジタルデータによる保存が主流をしめていますが、マイグレーションの必要が無いため、長期保存のトータルコストを下げることが可能です。複製による分散保管、スキャニングによるデジタルデータでの活用も可能です。

業務フロー

関連設備

▲ Page Top