サービス

電子化された画像(デジタル画像)を効果的に利用するための技術のご紹介

イメージ関連システムサービスについて

ワードやエクセルのように最初からデジタルデータで作られる資料や文書(ボーンデジタル)は、文書作成に目的があり、その後の利用方法も明確になっています。一方、紙で作成されたさまざまな資料や文書を電子化(デジタル化)するという事は、デジタル化した画像情報をどのように利用するか、という目的があって電子化が行われます。例えば、画像公開、文書の検索、長期のアーカイブ、事務処理の合理化、スペースや保管コストの削減、などがあげられます。また、デジタルならではの表現によって、より効果的な再現を目的とする場合もあります。

弊社では電子化されたデータをお客様が利用しやすいように、様々な画像関連システムに関するサービスを開発し、ご提供しています。


弊社のサービス (※各サービスをクリックするとそれぞれの紹介ページにジャンプします)


 

▲ Page Top